ウェブメールの特徴|ペーパーレス化をすることは会社にとってプラスがいっぱい!

シンプルを極めよう

ビジネスにおいて、最もよく使用するであろうメールを使うのであればより便利にしていきたいものです。ウェブメールならシンプルなので、使い勝手も良く利便性に優れています。このようにビジネスで使えるアプリには様々なものがあります。

ビジネスでよく使うアプリ

no.1

ウェブメール

ウェブメールは、通常のメールと全く同じ操作で、それに加えてシンプルな使用方法が可能になります。そのため操作も簡単なので、パソコンに不慣れな方でも簡単に利用出来ることから、選ばれています。

no.2

スケジュール管理

ビジネスにおいて、スケジュール管理は大事なことですよね。そんな時にでも管理をスムーズに出来て安心なのがスケジュール帳です。デスクワークでいつでも会議の予定などを管理して、把握がしやすいので支持されています。

no.3

やることリスト

今日やるべきことを簡単に入力して、さらに確認しやすくリスト作成できます。タスク化が可能なので、他メンバーへの共有が簡単に可能です。やるべき予定の漏れなどを防ぐことが出来ます。

no.4

メモ帳

仕事において、メモは必須アイテムといえます。メモのアプリがあれば、紙とペンがいらないので、それらを探す時間も省けるので時間短縮につながります。

no.5

出勤管理アプリ

タイムカードのアプリは出勤の確認の為にも重要な役割を果たしています。自分のパソコンのボタン一つで、勤怠管理が出来るのはかなり利便性が高いといっていいでしょう。

ウェブメールの特徴

メール

どこにいても受信可能

メールはどれも同じじゃないの?と思われている方に、まずはウェブメールと通常の電子メールの違いを説明していきましょう。通常のメールは送る先や環境が絞られた状態でしか送ることが出来ませんよね。ウェブメールの場合は、インターネット環境さえあればどこにいてもメールを受信が出来て、読むことが可能になります。

これからは容量を気にしなくていい

メールボックスというのは、毎日あらゆるところからの連絡が入ってくるのでボックスの容量が溜まりがちです。しかも、通常のメールボックスでは一定の容量が決められているので、容量を気にしなければならないことも多いです。しかしウェブメールであれば大容量のボックスになるので、容量の心配がいらなくなるといって良いでしょう。

シンプルな使用方法

通常のメールにはない利点が、ウェブメールには存在します。同じアドレスと媒体を持っていないと同じデータを共有や確認ができなかったものが、ウェブメールなら、サーバー1つで管理出来るので同じデータを確認することが出来ます。メールアドレスも自宅と会社用と分ける必要がなくなるので、同期がシンプルで簡単に使用出来るようになるのです。

価値を上げる

ウェブメールには、メールの基本となる送受信やメール内容を読む機能の他にもさまざまなサービスを付け加えることが出来ます。それは、ツールをより良く使用することが出来るでしょう。そのことにより、さらに機能としての価値を上げることが出来ます。

便利な機能

先程紹介したサービスの中には、迷惑メールを防止するサービスだったり、削除機能もついています。チェック機能がついているものもあるので、使用しているユーザーの判断で迷惑メールの振り分けが可能です。それをシステムが管理後に迷惑メールを処理してくれます。

広告募集中